アイコンタクト大事です

歩いて10分程の病院に入院したはずなのに、退院するとき楓雅ママに車でお迎えをお願いしたら、1時間以上待たされた楓雅パパでございます。

今日もそんな楓雅パパの記事にお付き合いの程よろしくお願いいたします。

今日も入院中のお話を交えた記事にしてみます。
ちょっとだけ眠れましたが、朦朧とした状態でレントゲン撮影にベッドのまま連れて行かれました。
横になった状態で背中にフィルムの板を入れてもらった時がとても気持ち良かった~。
楓雅パパは堅い床の方が好きなんですよ。

大部屋に引っ越し、手術用の服から病院内用の服に着替えたらすぐに歩く練習です。
楓雅パパは何度も寝返りをしたので、痛くないようにあっさり起き上がることもでき、すぐに歩くこともできました。
ジャンジャン点滴しているので、すぐにトイレ行きたくなっちゃうんですよ。

ベッドに横になると腰が痛くなるので、手術翌日からは歩いているか座っているのがほとんどでした。
特にすることもなく、楽しみと言ったらようやくとれるようになった食事と、面会時間に来てくれる楓雅ママだけでした。
食事には楓雅パパが苦手な魚がしっかりと出てきましたが、我慢して食事は完食です。
楓雅ママとは毎日会話ができましたが、楓雅に会うことができないのが辛かったな~。

そんな楓雅と一緒に今日は散歩に行きましたよ。
昨日も楓雅ママとの散歩について歩いてみましたが、やっぱり傷口がチクチクする感じで速く歩けません。
今日は楓雅のリードを持って歩けたので、楓雅には楓雅パパのスピードに合わせてゆっくり歩いてもらいました。
いつもより遅い速度なので、何度も何度も様子を伺って振り返ってくれる楓雅。
名前を呼ぶと、ちゃんと顔を見てアイコンタクトしてくれます。

お友達と会えた時も楓雅パパを引っ張ることなく、すぐにお座りしてくれました。
お隣のおばあちゃんとも会えて、なでなでしてもらえたね。
楓雅パパとのゆっくりな散歩でしたが、お友達とも会えて楽しめたかな。
見とかなきゃね

焦らせないように「ゆっくり迎えに来て」と伝えたのに、1時間以上かかることを予想できる人なんているのか!?と思いながら、ここまで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 黒柴 に参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうが

Author:ふうが
千葉県北西部在住。

楓雅パパが毎日更新しています。

楓雅ママの初コミックス「ドンキに行ったら外国人がすごかった」発売中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いぬっころカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒柴ランキング